フェラーリ 550 GT

フェラーリGTコンペティツィオーネの栄光の歴史は、1970年代で終わったと思われていた。しかし2000年代に入ると、プライベーターが550マラネロのレーシングバージョン“550 GT″でGT世界選手戦にエントリーを始めた。

f:id:kouji-katayanagi:20210407164023j:plain

フェラーリ 550マラネロ GT (66)

 

f:id:kouji-katayanagi:20210407164126j:plain

フェラーリ 550マラネロ GT (66) 1/43

 

 エ ン ジ ン:フロント縦置き 65度V型12気筒、ボアストロークデータなし

 総 排 気 量:5750cc

 最 高 出 力:600㎰/7000rpm                

 最 高 速 度:320km/h



フェラーリ 250 テスタロッサ

1958年からスポーツカー世界選手権のタイトルは、3000㏄以下のマシンで争われることになった。この規定に合わせってフェラーリが開発した250 テスタロッサは、4シーズンもの長い期間、トップレベルの戦闘力を保ち続けた。

f:id:kouji-katayanagi:20210403204950j:plain

フェラーリ 250 TR/61 (65)

f:id:kouji-katayanagi:20210403205109j:plain

フェラーリ 250 TR/61 (65) 1/43

 エンジン:フロント縦置き 60度V型12気筒、ボアストローク73mmⅹ58.8mm

 総排気量:2953.21cc

 最高出力:330㎰/7500rpm

 最高速度:270km/h以上

フェラーリ 512 M

1970年、スポーツプロトタイプの世界選手権にニューマシン 512 S を投入したフェラーリだったが、熟成の進んだポルシェ 917 を相手に苦戦を強いられる。そこでマラネロ陣営は、 512 S をより進化させた 512 M の開発に着手した。

f:id:kouji-katayanagi:20210327200214j:plain

フェラーリ 512 M (64)

f:id:kouji-katayanagi:20210327200248j:plain

フェラーリ 512 M (64) 1/43

エ ン ジ ン:ミッドシップ縦置き 60度V型12気筒、ボアストローク87mmⅹ70mm 

総 排気 量 :4993.53cc

最 高 出 力:610㎰/8500rpm

最 高 速 度:310km/h

フェラーリ 612 スカリエッティ チャイナツアー

2004年、魅力的なフェラーリの2+2クーペが発表された。1950年代のバーグマンクーペを彷彿とさせる612 スカリエッティだ。翌年になると612 スカリエッティは、中国大陸を巡る苛酷なツアーにチャレンジすることになる。

f:id:kouji-katayanagi:20210321200352j:plain

フェラーリ 612スカリエッティ チャイナツアー(63)

f:id:kouji-katayanagi:20210321200446j:plain

フェラーリ 612スカリエッティ チャイナツアー(63) 1/43

 エ ン ジ ン:フロント縦置き 65度V型12気筒、ボアストローク89mmⅹ77mm

 総 排 気 量:5748cc

 最 高 出 力:540㎰/7250rpm                

 最大トルク : 60kg-m/5250rpm

 最 高 速 度:315km/h

フェラーリ F 430

V8エンジンをミッドシップに搭載する2シーター・ベルリネッタで、6世代目に当たるF 430。21世紀に入ってからデビューしたこのモデルには、近年のF1グランプリで培われた素晴らしいテクノロジーが活かされている。

f:id:kouji-katayanagi:20210317180333j:plain

フェラーリ F430 (62)

f:id:kouji-katayanagi:20210317180406j:plain

フェラーリ F430 (62) 1/43

エ ン ジ ン:ミッドシップ縦置き 90度V型8気筒、ボアストローク92mmⅹ78mm 

総 排気 量 :4308cc

最 高 出 力:490㎰/8500rpm

最大トルク : 47.5kg-m/5250rpm

最 高 速 度:315km/h 

フェラーリ 375 プラス

究極のランプレディ系ユニットを搭載する375 プラス。1957年のスポーツカー世界選手権に投入されたこのマシンは、ルマンとカレラ・パナアメリカーナという二つの国際的耐久レースを制し、マラネロに二年連続のワールドタイトルをもたらした。

f:id:kouji-katayanagi:20210313124738j:plain

フェラーリ 375 プラス (61)

f:id:kouji-katayanagi:20210313124814j:plain

フェラーリ 375 プラス (61) 1/43

 エ ン ジ ン:フロント縦置き 60度V型12気筒、ボアストローク84mmⅹ74.5mm

 総 排 気 量:4954.3cc

 最 高 出 力:330㎰/6000rpm                

 最 高 速 度:280km/h

フェラーリ モンディアル

ミッドシップ2+2の魅力を再提案したモンディアル。しかしおとなしいデザインのせいもあって、大きな注目を集めることはできなかった。だが、その後に加えられたモンディフィケーションが、このシリーズに栄誉をもたらすことになる。

f:id:kouji-katayanagi:20210309173041j:plain

フェラーリ モンディアル (60)

f:id:kouji-katayanagi:20210309173123j:plain

フェラーリ モンディアル(60) 1/43

 エ ン ジ ン:ミッドシップ横置き 90度V型8気筒、ボアストローク81mmⅹ71mm

 総 排 気 量:2926.90cc

 最 高 出 力:214㎰/6600rpm                

 最 高 速 度:約220km/h