日本100名城(100)

首里城(しゅりじょう、スイグスク)は、沖縄県那覇市首里金城町にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあったグスク(御城)の城趾である。現在は国営沖縄記念公園首里城地区(通称・首里城公園)として都市公園となっており、一般財団法人沖縄美ら島財団が管理を行っている。

琉球王朝の王城で、沖縄県内最大規模の城であった。戦前は正殿などが旧国宝に指定されていたが、1945年(昭和20年)の沖縄戦と戦後の琉球大学建設により完全に破壊され、多くの遺構が撤去あるいは埋められ、わずかに城壁や建物の基礎などの一部が残っている。本格的な復元は1980年代末から行われ、1992年(平成4年)に、正殿などが旧来の遺構を埋め戻す形で復元された。

1999年(平成11年)には都市景観100選を受賞。その後2000年(平成12年)12月、「首里城跡」(しゅりじょうあと)として他のグスクなどとともに「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の名称で世界遺産に登録されたが、復元された建物や城壁は世界遺産ではない。

 2006年(平成18年)4月6日、日本100名城(100番)に選定された。

f:id:kouji-katayanagi:20190530005441j:plain

施設の全体地図

f:id:kouji-katayanagi:20190530005529j:plain

正殿正面

f:id:kouji-katayanagi:20190530005554j:plain

戦災で失われる前の正殿(空手演武) - 1938年(昭和13年

f:id:kouji-katayanagi:20190530005618j:plain

琉球大学が置かれていた頃(1960年代)の首里城跡。手前の池は龍潭

f:id:kouji-katayanagi:20190530005640j:plain

城内より市街を望む

f:id:kouji-katayanagi:20190530005703j:plain

「龍樋」横の石碑

f:id:kouji-katayanagi:20190530005726j:plain

正殿前の御庭

f:id:kouji-katayanagi:20190530005754j:plain

正殿内部の玉座(復元)

f:id:kouji-katayanagi:20190530005820j:plain

下之御庭の中央にある首里森御嶽

f:id:kouji-katayanagi:20190530005845j:plain

書院・鎖之間庭園

f:id:kouji-katayanagi:20190530005921j:plain

首里城内郭へ上る経路

f:id:kouji-katayanagi:20190530005952j:plain

守礼門

f:id:kouji-katayanagi:20190530010032j:plain

木曳門

f:id:kouji-katayanagi:20190530010058j:plain

歓会門

f:id:kouji-katayanagi:20190530010126j:plain

広福門

f:id:kouji-katayanagi:20190530010157j:plain

瑞泉門、左に冊封七碑のひとつ(復元)が見える

f:id:kouji-katayanagi:20190530010240j:plain

園比屋武御嶽石門

f:id:kouji-katayanagi:20190530010319j:plain

南殿・番所

f:id:kouji-katayanagi:20190530010350j:plain

久慶門

f:id:kouji-katayanagi:20190530010420j:plain

漏刻門

f:id:kouji-katayanagi:20190530010448j:plain

万国津梁の鐘のある「供屋」

f:id:kouji-katayanagi:20190530010514j:plain

供屋にある万国津梁の鐘の複製。万国津梁の鐘は本来は正殿にあったとされるが、その正確な設置場所がわからないため、暫定的に供屋に設置されている。実物は沖縄県立博物館・美術館蔵

f:id:kouji-katayanagi:20190530010544j:plain

王の邸宅である「二階御殿」

f:id:kouji-katayanagi:20190530010633j:plain

夜、ライトアップされた正殿

 

日本100名城(99)

中城城(なかぐすくじょう)は、沖縄県中頭郡北中城村中城村に存在した連郭式の山城である。六つの郭で構成されている。15世紀の琉球王国尚泰久王代、護佐丸のグスク(城)として知られる。城壁の増築により現在みられる規模になったと考えられるが、築城の時期は不明。沖縄のグスクでは本土より古い時代から石積み技術が発達していて、中城城では時代によって異なる三種類の石の積み方が見られる。 最初に作られた南の郭に見られる自然の石をそのまま積む「野面積み(のずらづみ)」、一の郭と二の郭に見られる四角い形に加工した石を積む「布積み(ぬのづみ)」、三の郭と北の郭に見られる多角形に加工し石を積む「相方積み(あいかたづみ)=亀甲乱れ積み(きっこうづみ)ともいう」。
沖縄戦で建物は焼失するも、石垣の被害は少なく美しい石垣が残っている。300余りあるとされている沖縄のグスクの中では、最も昔の姿を残しているグスクとして知られている。また、1853年、アメリカのペリー提督が立ち寄り、城壁や門の測量。その建築技術の高さに驚嘆したのが、沖縄県中頭郡北中城村にある世界遺産「中城城跡」です。

f:id:kouji-katayanagi:20190526185049j:plain

中城城 縄張り図

f:id:kouji-katayanagi:20190526185555j:plain

中城城要部のステレオ空中写真(1977年)。写真下方が北

f:id:kouji-katayanagi:20190526185632j:plain

中城城二の郭

 

f:id:kouji-katayanagi:20190526185704j:plain

三の郭北東城壁

f:id:kouji-katayanagi:20190526185754j:plain

二の郭北東城壁

f:id:kouji-katayanagi:20190526185937j:plain

一の郭北東城壁

f:id:kouji-katayanagi:20190526190006j:plain

西の郭

f:id:kouji-katayanagi:20190526190051j:plain

南の郭(城門の向こうは一の郭)

f:id:kouji-katayanagi:20190526190124j:plain

北の郭

f:id:kouji-katayanagi:20190526190154j:plain

一の郭と二の郭をつなぐ門と一の郭

f:id:kouji-katayanagi:20190526190233j:plain

カンジャーガマ跡

f:id:kouji-katayanagi:20190526190303j:plain

井戸の階段

f:id:kouji-katayanagi:20190526190349j:plain

正門全景

f:id:kouji-katayanagi:20190526190416j:plain

正門横の石碑