日本100名城(83)

宇和島城(うわじまじょう)は、四国の愛媛県宇和島市丸之内にある。中世期にあった丸串城(板島城)の跡に藤堂高虎によって築かれた近世城郭で、標高約80メートルの独立丘陵を主体とする梯郭式平山城の形式で、典型的な海城であった。平面は五角形をし二辺は海に、三辺は城堀を隔てて城下町に接していた。城山下の三之丸には内堀をめぐらし、城主の館があった。(今の消防署の場所)城主の館が城外に移ったのは、世の中が太平になった伊達二代宗利の時からである。城下町は高虎によって河流を付け替えられたという辰野川、および神田川の二つの川によって守られる形になっている。この城下町は城の東部が商人・職人町、南部が武家町に区画され、その外縁部、すなわち山麓に寺院を配置した。これによって出来た城を中心とした放射状の町割は数少ないといわれている。元和元(1615)年に伊達政宗の長子、伊達秀宗が入城して以来伊達家代々の居城となりました。現在の三層三階天守は伊達家の居城になってから再建されたものですが、城構えは藤堂高虎が創建した当時のものを引き継いでいます。江戸時代は宇和島藩の藩庁となった。城跡は国の史跡で、現存十二天守に数えられる天守は国の重要文化財に指定されています。

f:id:kouji-katayanagi:20190424202153j:plain

宇和島城の縄張り(江戸時代前期)

f:id:kouji-katayanagi:20190424202218j:plain

宇和島城絵図[正徳元年(1711)](公財)宇和島伊達文化保存会蔵

f:id:kouji-katayanagi:20190424202246j:plain

宇和島城縄張り図

f:id:kouji-katayanagi:20190424202311j:plain

宇和島城の古地図

f:id:kouji-katayanagi:20190424202341j:plain

宇和島城下地図

f:id:kouji-katayanagi:20190424202411j:plain

天守

f:id:kouji-katayanagi:20190424202433j:plain

天守

f:id:kouji-katayanagi:20190424202456j:plain

宇和島城天守(1928年)

f:id:kouji-katayanagi:20190424202517j:plain

上り立ち門(市指定文化財









 

日本100名城(82)

大洲城(おおずじょう)は、伊予国喜多郡大洲(四国・愛媛県大洲市大洲)にあった梯郭式平山城明治21年(1888)、惜しくも天守が取り壊されてしまいましたが、4棟の櫓(台所櫓、高欄櫓、苧綿櫓、三の丸南隅櫓)は、解体をまぬがれ、いずれも国の重要文化財に指定されています。史跡は、戦後初めて江戸時代当時の工法を使い、木造で忠実に復元された天守閣、暗り門跡、本丸井戸、櫓下御門(二の丸大手門)跡、内堀跡などがある。別名としては地蔵ヶ嶽城、比志城、大津城(大洲の旧称)などがある。

f:id:kouji-katayanagi:20190421221014j:plain

大洲城 縄張り

f:id:kouji-katayanagi:20190421221157j:plain

大洲城ジオラマ

f:id:kouji-katayanagi:20190421221220j:plain

大洲城ジオラマ

f:id:kouji-katayanagi:20190421221248j:plain

本丸から見た天守建築群

f:id:kouji-katayanagi:20190421221319j:plain

肱川越しに望む大洲城

f:id:kouji-katayanagi:20190421221342j:plain

大洲城天守内の吹き抜け

f:id:kouji-katayanagi:20190421221410j:plain

二の丸からみた天守と台所櫓

f:id:kouji-katayanagi:20190421221434j:plain

天守と高欄櫓

f:id:kouji-katayanagi:20190421221500j:plain

三の丸南隅櫓

f:id:kouji-katayanagi:20190421221526j:plain

苧綿櫓と肱川、冨士山

f:id:kouji-katayanagi:20190421221551j:plain

暗り門跡

f:id:kouji-katayanagi:20190421221616j:plain

二の丸御殿跡












 

 

日本100名城(81)

松山城(まつやまじょう)は、愛媛県松山市にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城松山市の中心部、勝山(城山)山頂に本丸、西南麓に二之丸と三之丸を構える平山城である。日本三大平山城にも数えられる。山頂の本壇にある天守(大天守)は、連立式層塔型三重三階地下一階。日本の12箇所に現存する天守の一つである。この中では、姫路城と同じく、連立式で、日本三大連立式平山城の1つにも数えられる。別名金亀城(きんきじょう)、勝山城(かつやまじょう)。各地の松山城と区別するため『伊予松山城』と呼ばれることもあるが、これはごくまれなケースであり特別な事情を除いて一般的に「松山城」と指した場合は本城を示す。現在は、城跡の主要部分が公園として整備され、現存する天守、野原櫓、乾櫓、隠門続櫓など櫓5棟、戸無門、隠門、紫竹門、一ノ門など門7棟、筋鉄門東塀など塀7棟が国の重要文化財に、再建された建造物は、小天守、北隅櫓、十間廊下、南隅櫓、太鼓櫓、筒井門、太鼓門、乾門、良門東続櫓など22棟。城郭遺構が国の史跡に指定されている。

 

f:id:kouji-katayanagi:20190420191027j:plain

松山城(愛媛)縄張り図

f:id:kouji-katayanagi:20190420191106j:plain

松山城(愛媛)縄張り図

f:id:kouji-katayanagi:20190420191123j:plain

松山城(愛媛)縄張り図

f:id:kouji-katayanagi:20190420191142j:plain

松山城連立天守群(中央に大天守

f:id:kouji-katayanagi:20190420191204j:plain

松山城戸無門(重要文化財)と太鼓櫓

f:id:kouji-katayanagi:20190420191227j:plain

本丸の深さ約40メートルの井戸

f:id:kouji-katayanagi:20190420191252j:plain

松山城隠門と続櫓

f:id:kouji-katayanagi:20190420191316j:plain

松山城乾櫓

f:id:kouji-katayanagi:20190420191344j:plain

松山城野原櫓

f:id:kouji-katayanagi:20190420191405j:plain

松山城本壇の虎口(一ノ門からの二ノ門南櫓。両側に一ノ門や三ノ門の南櫓が置かれ、左手奥に二ノ門がある。)

f:id:kouji-katayanagi:20190420191431j:plain

松山城天守三層三階地下一階と、その前にあり、石垣の上に位置する筋鉄門東塀

f:id:kouji-katayanagi:20190420191456j:plain

天守は二層二階

f:id:kouji-katayanagi:20190420191529j:plain

重要文化財:一ノ門

f:id:kouji-katayanagi:20190420191549j:plain

重要文化財:二ノ門

f:id:kouji-katayanagi:20190420191616j:plain

重要文化財:大天守(右上)、三ノ門南櫓(右下)、筋鉄門東塀(中下)

f:id:kouji-katayanagi:20190420191640j:plain

重要文化財:三ノ門、三ノ門東塀(左側)、三ノ門南櫓(奥)

f:id:kouji-katayanagi:20190420191706j:plain

重要文化財:三ノ門東塀(左側)、三ノ門南櫓(中央)、筋鉄門東塀(左側)

f:id:kouji-katayanagi:20190420191728j:plain

重要文化財:仕切門、仕切門内塀(右側・奥)

f:id:kouji-katayanagi:20190420191751j:plain

天守の内部

f:id:kouji-katayanagi:20190420191811j:plain

天守の最上階

f:id:kouji-katayanagi:20190420191832j:plain

松山城天守からの眺望(西方面)

f:id:kouji-katayanagi:20190420191855j:plain

湯築城の本丸から望む松山城

f:id:kouji-katayanagi:20190420192202j:plain

松山総合公園展望台から見た松山城

 

日本100名城(80)

湯築城(ゆづきじょう)は、愛媛県松山市道後町にある城跡。中世の城郭で、近世の城郭が持つ石垣や天守が無く、地形を利用して作られた梯郭式平山城です。築城当初の14世紀前半は、中央の丘陵部を利用した山城でしたが、約200年後の16世紀前半には周囲に外堀を築き、二重の堀と二重の土塁を巡らせた平山城になったと推定されます。江戸時代に描かれた絵図から、東側が大手(表)、西側が搦手(裏)と考えられています。

 城郭の堀や土塁などの縄張り遺構が良好に残り、城郭発達史からみても基調で稀な中世の城跡であること、また中世の主要な守護大名の拠点城郭であることに加え、時代や地域を代表する特色を持つことから地域の伝統技法や工法を使った復元などが評価され、平成14年に国史跡となり、その後日本100名城日本の歴史公園100選にも選定されています。

f:id:kouji-katayanagi:20190417204315p:plain

湯築城概要図

f:id:kouji-katayanagi:20190417204352j:plain

湯築城の航空写真 (1974年撮影・国土航空写真)

f:id:kouji-katayanagi:20190417204547j:plain

現在のジオラマ

f:id:kouji-katayanagi:20190417204621j:plain

復元武家屋敷と丘陵

f:id:kouji-katayanagi:20190417204644j:plain

武家屋敷

f:id:kouji-katayanagi:20190417204705j:plain

武家屋敷

f:id:kouji-katayanagi:20190417204730j:plain

遮蔽土塁

f:id:kouji-katayanagi:20190417204755j:plain

土塁展示室の入口

f:id:kouji-katayanagi:20190417204817j:plain

土塁展示室内部

f:id:kouji-katayanagi:20190417204839j:plain

遮蔽土塁

f:id:kouji-katayanagi:20190417204949j:plain

遮蔽土塁と外堀土塁

f:id:kouji-katayanagi:20190417205016j:plain

土塁と内堀

f:id:kouji-katayanagi:20190417205043j:plain

内堀

f:id:kouji-katayanagi:20190417205107j:plain

内堀の風景

f:id:kouji-katayanagi:20190417205133j:plain

庭園跡

 

日本100名城(79)

今治城(いまばりじょう)は、伊予国越智郡今治(四国・愛媛県今治市通町三丁目)にあった輪郭式平城(海城)。高松城中津城と並んで日本三大水城のひとつに数えられています。昭和28年(1953年)10月9日に愛媛県史跡に指定された。別称「吹揚城(吹上城)」。

慶長7年(1602年)、関ヶ原の戦いでの戦功により伊予半国20万石を領した藤堂高虎よって築城開始され、慶長9年(1604年)に完成した。直線的な城壁で囲まれた三重の曲輪と、海水を引き入れた三重の幅の広い水掘り、城内の港として国内最大級の船入を備えた日本屈指の海城で主要な虎口には枡形門、高石垣には多門櫓などを配置し、高虎の築城手法が遺憾なく発揮されている。

今治城天守は、一次資料が不足しているため、築城当時に建造されたか否かが確定されていない。 藤堂家の家譜『宗国史』巻二には「城中に五層の高楼を建て、府下を五街に開き」と記述されているが、敷地内に天守の遺構が確認されていないためである。

f:id:kouji-katayanagi:20190416204130j:plain

今治城縄張図

f:id:kouji-katayanagi:20190416204130j:plain

今治城縄張図

f:id:kouji-katayanagi:20190416204231j:plain

今治城航空写真

f:id:kouji-katayanagi:20190416204311j:plain

天保年間の伊予今治城絵図

f:id:kouji-katayanagi:20190416204352j:plain

今治城

f:id:kouji-katayanagi:20190416204416j:plain

今治城再建天守

f:id:kouji-katayanagi:20190416204440j:plain

石垣

f:id:kouji-katayanagi:20190416204509j:plain

再建された高麗門と山里櫓

f:id:kouji-katayanagi:20190416204532j:plain

再建された多聞櫓

f:id:kouji-katayanagi:20190416204557j:plain

藤堂高虎像と模擬天守

f:id:kouji-katayanagi:20190416204622j:plain

石碑

 

日本100名城(78)

丸亀城(まるがめじょう)は讃岐国、現在の香川県丸亀市にある、築城400年を誇る丸亀のシンボル、全国に現存する『木造天守十二城』の一つ。現存する天守、大手一の門、大手二の門は国指定重要文化財に指定されている。丸亀市街地の南部に位置する亀山(標高66メートル)を利用し、縄張りはほぼ四角形で亀山の廻りを堀(内堀)で囲む、渦郭式平山城で、石垣は、緩やかであるが荒々しい野面積みと端整な算木積みの土台から、頂は垂直になるよう独特の反りを持たせる「扇の勾配」と呼ばれる。その上に木造の天守がそびえる。天守は日本一小さいが、内堀から四層に積み重なった石垣は美しく、「石の城」と形容されるその名のとおり、丸亀城は石垣の名城として全国的に有名です。山麓から山頂まで4重に重ねられ、合わせると60メートルになり、総高としては日本一高く、三の丸石垣だけで一番高い部分は22メートルある。誤解されやすいが、あくまで総高としての日本一である。亀山城(かめやまじょう)、蓬莱城(ほうらいじょう)ともいう。

 

   

 

 

 

f:id:kouji-katayanagi:20190413213140j:plain

讃岐国丸亀絵図

f:id:kouji-katayanagi:20190413213204j:plain

丸亀城外観

f:id:kouji-katayanagi:20190413213229j:plain

丸亀城天守

f:id:kouji-katayanagi:20190413213254j:plain

丸亀城外観(大手二の門より)

f:id:kouji-katayanagi:20190413213316j:plain

丸亀城(大手二の門)

f:id:kouji-katayanagi:20190413213342j:plain

左)大手一の門 右)大手二の門

f:id:kouji-katayanagi:20190413213407j:plain

丸亀城(御殿表門と天守

f:id:kouji-katayanagi:20190413213432j:plain

高さ日本一の石垣









 

日本100名城(77)

高松城(たかまつじょう)は、香川県高松市玉藻町にある。玉藻城(たまもじょう)とも呼ばれる国の史跡です。海岸に面しているため、海城とも言え瀬戸内海の水軍基地としても機能させることが前提だと言えます。
そのため、伊予の今治城豊前中津城と共に、堀には海水を引き入れた日本の三大水城のひとつに数えられます。城郭の形式は輪郭式平城で、本丸を中心に二の丸、三の丸、北の丸、東の丸、桜の馬場、西の丸が時計回りに配置され、3重に堀が廻らされていた。 かつては城壁が瀬戸内海に直接面し、外濠・中濠・内濠のすべてに海水が引き込まれ、城内に直接軍船が出入りできるようになっており、水軍の運用も視野に入れ設計されていた日本初の本格的な海城である。縄張りは黒田孝高(よしたか)が手掛けたといわれ、細川忠興小早川隆景藤堂高虎などによるとも言われている。高松城をはじめとする海城は海上封鎖が難しく、水攻めや水断ちといった攻城手段が使えないため戦争時の篭城や物資の搬入、脱出ができ、近世の縄張りとしては有利であった。

 

高松城 関連年表
1587年(天正十五年) 生駒親正が17万6千石の領主として讃岐に入封。
1588年(天正十六年) 親正、高松城の築城を開始する。
1592年(文禄元年) 親正、5500の軍勢を率いて、朝鮮に渡る。(文禄の役
1600年(慶長五年) 関ヶ原の戦いにより親正、子の一正に家督を譲る。
1640年(寛永十七年) 御家騒動により生駒氏、讃岐一国を没収され、出羽・矢島1万石に移封となる。
1642年(寛永十九年) 松平頼重が、常陸・下館より東讃岐12万石の領主として入城する。
1670年(寛文十年) 三層五階の天守閣が完成する。

 

f:id:kouji-katayanagi:20190412175510j:plain

高松城および城下町絵屏風松平公益会蔵

f:id:kouji-katayanagi:20190412175534j:plain

高松城の空中写真。青線が現存する縄張りで、赤線が現存しない縄張り

f:id:kouji-katayanagi:20190412175558j:plain

高松城下図屏風

f:id:kouji-katayanagi:20190412175622j:plain

北の丸月見櫓・水門・渡櫓 【国指定重要文化財

f:id:kouji-katayanagi:20190412175645j:plain

旧・東の丸艮櫓 【国指定重要文化財

f:id:kouji-katayanagi:20190412175705j:plain

旭門

f:id:kouji-katayanagi:20190412175728j:plain

埋門

f:id:kouji-katayanagi:20190412175750j:plain

天守台跡

f:id:kouji-katayanagi:20190412175815j:plain

玉藻廟

f:id:kouji-katayanagi:20190412175838j:plain

鞘橋

f:id:kouji-katayanagi:20190412175901j:plain

披雲閣 【国指定重要文化財

f:id:kouji-katayanagi:20190412175922j:plain

披雲閣 【国指定重要文化財